【織りのデザイン力】糸1本からデザインする!これが現場のテキスタイル

weaving

こんにちは、SHOKCMANです。

年末、シワッス

忙しい合間を縫って、クリスマスにちなんだ布を作りました。

これが、現場テキスタイルデザイン!

糸1本からデザインしていくことで出来上がる織りの世界の表現です。

ご覧あれ!

【織りのデザイン力】まるで絵本の世界を糸で表現する

絵本の世界を布にする

色々と試行錯GOした結果、辿り着きました!

雪がチラチラ降る街のクリスマスツリー

アップで見ると、、、

クリスマスツリーの表現

こんな感じ

タテ糸のリボン(テープ状の糸)を雪のように見立ててみようという試み

このアイデアが浮かんだので、今回こんな図案をデザインしたのでした。

モミの木の色合いもこだわっていて、2色の紬糸を使って表現

さらに、カラフルな絣を織り込んで、全体的にイルミネーションある雰囲気に。

絵本の世界観が好きでそこを狙ってみたので、良い感じに出せてだいぶ満足!

織りのデザインは現場での戦い

紋彫り

織りの世界で、狙った表情を求めていくというのはなかなか難しい話

そこを突破するために、僕はデザインから織りまで全部ひとりでやるようにしています。

なので、デザインを組むところと織機を行ったり来たり

組織を変えたり、耳際の調整をしたり、デザインサイズを変えたり、打ち込みを変えたり、糸を変えたり、

色々修正しながら、今の顔に至ります。

この時期は寒さとの戦いでもあり、手足の感覚はなくなってしまうのだけれども、

一度作り始めると夢中になるというか意地になるというか

納得するまで突っ張しる感じで制作しています。

ひとりごと

自作クリスマスの布

クリスマス前に納得のができて良かった!

少し織り進めて、何かアイテムを作ろうかと思いマス!

今回は、タテ残りのリボンを活かすために考えついたテキスタイルでした。

常に考え続ける!

ここに新しいモノづくりの可能性があるんだと思いますネ