Profile

1987年生まれ福岡出身MAN


トップ営業マン→布を創る織人(SHOCKMAN)へ、


異色の経歴を引っさげて、30歳からこの道へ挑戦しています。

自分の人生、1から自力でデザインしよう!

そういう思いから、

会社を辞めて、生涯現役が可能な職人の道を目指しました。

織りのこと、DIYのこと、モノづくりのこと、などなど

僕が大切にしている気づきを発信しています。

下記、今に到るまでをざっくり書いてますので、お時間あればぜひチェックしてネ

社会人時代|苦楽、これは切っても切り離せない


大学卒業後、某大手メーカーの営業マンとなり東京支社配属


業界外からも「シビア」で有名な企業で、新入社員3日目の日報は宙に舞った。

1年を要してほぼ荒野の得意先開拓をしたものの、結果に繋がる前に飛ばされる。
さらなる荒野に放り出されるも、ここで終わったら負けだ。

新規開拓に力を入れ続け、4年目に営業成績全国トップを獲り、一気に成り上がる。


絶頂期というのは、今後の人生を考えるタイミング

もともと「モノづくり」が好きで選んだメーカーだった。

だけど、実際やっているのは、日々魂を削りながら数字を追いかけること。

「ここまで出来たんだったら、自ら作った道を突き進むことだってできるだろう。」

服が好きでISSEYMIYAKEMENを爆買いしていた当時、
こだわりのテキスタイルにずっと惹かれるものがあった。

大学では産地活性化関連の勉強をしていた経緯もあり、何かそこに繋がるものはないかと模索もしていた。

」というワードが2つを繋げていることに気づき、この道に進もう!と覚悟を決めて退社をすることに。
流石に絶頂期、辞めるまでに半年を要した。
(というか、引き継ぎが終わらずプラス1日サービス出勤、こんな奴いる?)

しかし、特にコネクションはないので、今後の足掛かりもよくわからない状態。

とりあえず、やりたかったことをやろう!と「四国八十八ヶ所巡礼・歩き遍路」をスタート

1ヶ月ひたすら歩く、サラリーマンと真逆のしんどさを体感

もちろん特に悟ることはなかったけど、

苦しみの中に、人生の面白さへの気づきがあるんだということを再確認。

遠回りになるかもしれないが、専門学校へ行こうと決心することにした。

2度目の学生時代|永遠に青春

テキスタイル関連の専門学校を調べてみて、

文化服装学院:ファッションテキスタイル科へ入学。

決め手は、図書館が立派らしいというかすかな情報

27の年、学生に扮して染め・織り・プリント・服作りなどの基礎を学ぶ。
知識をつけて産地に赴く中で見えてくるものがありました。

「布」は現場で作られている。

当たり前のようだけれども、何も知らない人間がここにたどり着くのはなかなか大変なのです。

30になる年、産地で出会った人が衝撃的で、弟子入りを願い出る。

同じくトップ営業マン上がりで、僕が構想していたことを先駆けてやっている人であった。

3年制の学校を2年半で中退し、産地入り

織人時代|現場こそがモノづくり最前線だ!


モノづくり最前線で戦うために、大城戸織布にて2年半修行する。

縁あって京都北部の与謝野町に移住する。

現在「創作工房糸あそび」にてモノづくり奮闘中!

苦しんで苦しんだ先にあるもの、そこに用がある。

だから、常に挑戦が我が人生

だから、いつだって苦難上等

地味・地道に自分を軸に、匍匐前進くらい地面を這って進んでいます。

同じように、モノづくりに全力疾走している同年代と出会えたら嬉しいなと思います。

SHOCKMAN

スポンサーリンク
フォローしてね!
スポンサーリンク
SHOCKMAN-BASE