あたたかさとやわらかさ、シルクが織りなす格別な布

創作「テキスタイル」

今回は、シルクのモール糸を使って何か新しい布が作りたい!

アイデア

僕が布を作るとき、「柄」から発想していくというのは少ない。
だいたい、「」をみてか、「こんな表情にしたい」という思いが出てきてからなんです。
アイデアの着眼が変わると、できる布も違ってくると思うんですよね。

僕はふとシルクモールを見た時、「レトロっぽい柄で織りたい!」と思いました。
モールの糸って、電車の座席のイメージが強いからだと思うんですけど。笑

アイデアはこんな感じで、「ノリ」で決めること多いです。

データ作り

ある程度アイデアが出たら、データ作りに移行します。

レトロ柄ってことで、昔からある「織り組織」に着目してみました。
それをある程度大きいサイズにしてみたら、いい感じになりそうだなと思って!

織り組織データ作成

てことで、サイズを決めて作っていきます。
織物用のデータを作るときは、糸1本を1pixelと考えます。
なので、画面上のサイズと実際織り上がりのサイズは違うんです。
タテ糸の方が多いので、潰れたような画面になります。

織物データ作成

本来のサイズは頭の中にあるので、定規を目の前に計算しながら作ったりもします。

織り組織データ

これは、組織図の作成をしています。
「柄」のデータができると、そこに「織り」のデータを落とし込んでいきます。
ここで、どんな組織を組むかで、同じ柄でも表情が全然違ってきます。
この辺は、経験を積んでいかないとわからない領域ですけど。

織り組織や耳糸、ヨコ糸の信号を指示入力していきます。
ここまでやれば、一応織りデータの完成です!

試し織り

データができたら、コントローラーに読み込んで試し織りしてみます。
一応と書いたのは、ここで実際に織ってみて決めることがあるからです。
ヨコ糸の打ち込み具合や耳糸の上がり具合、指示した通りにタテ糸が上がっているか、一つ一つチェックしていきます。

試し織り

少し織ってみて、糸使い(ヨコ糸の順番)を変更。
して少し織って、今度はデータサイズ変更。
細かいところも、気になるところは都度修正していきます。
タイムリーに修正できるというところが、自分でデータを作って織る利点なのです!
普通は、「紋彫り屋さん」というデータを作る専門職が間に入ります。

創作

データ作り〜試し織り〜修正を加えまして、ようやく新作「布」できましたー!

シルクモールを使った布

どうでしょう?
なかなか贅沢にモール糸を使ってみました!

織り組織の出方

ここは、KUFUしたポイントです!
ただの四角じゃ面白くないので、こんな組織を入れ込んでみました。
なかなか、、モールの良さが出たんじゃないかな。
ツブツブしていて、可愛く表現できました。

シルクモールを使った布2

こちらは色違い!
使いにくそうな色味だけれど、レトロっぽくてグッド!

シルクモール使った布3

なんだかチョコレート食べたくなる!笑
黒っぽいので、少し柄が潰れ気味だけれど、モールで暖色は鉄板ですね!
色変わるだけでも、ずいぶん印象が変わることがわかると思います。

まとめ

今回は、シルクのモール糸に着眼して新しい「布」を作ってみました。
モールの出す、暖かさにシルクの柔らかさ、それをレトロな柄で表現しました。
織り組織で出すツブツブ感もアクセントになって、贅沢にモールを使う良さが倍増したかなと思います。