空き家DIY|下水道工事の費用が高いワケ

DIYリフォーム

仕事の合間や休日に、ボロ家リフォームを進めています。(こちらブログ

汲み取り式から水洗トイレに変えるために、設備屋さんにお願いしました。

基本的には自分で全部やりたいのだけれども、接続は行政が絡むので、、、ネ

トイレを変えるのが目的でも、水廻り全ての排水をまとめなければならないので、

費用はどうしても嵩みます。(100マンオーバー)

最初は思っていた「なぜこんな高いのか?」

でも、解体作業しつつ設備屋さんの仕事を盗み見て、ナットク

こりゃ大変だぁ〜。

今回は、その一部の工程をアップしていこうと思います。

下水道工事|設備屋さん、思った以上に肉体労働だった件

掘りまくり

下水道工事、地面掘る

思った以上に床下掘らなきゃいけないんだ〜、というのをまず思う。

これは排水管を埋めている工程ですが、

排水は勾配が大事になってくるので、最初の位置からどんどん下がっていく。

つまり、どんどん掘り進めなくてはいけないワケです。

下水道工事、排水管設置

長〜い廊下下も、根太の間からスコップで掘りまくり

下水道工事中、床下

やり辛い体勢での作業は、通常の3倍キツイはず

下水道工事、コンクリ壊して掘り進める

コンクリははつって、さらに掘る。

基礎の下を潜って外に出るので、最後は結構深くな〜る。

下水道工事、外でシャベルカー

外では、シャベルカー登場!

コンクリ割って、えぐりとる。

割りまくり

下水道工事、コンクリはつり

基礎はつり中

これは僕がやってますけど、思った以上に大変!

硬いので、地道に振動を与えて削ってます。

下水道工事、コンクリはつり

外の排水管接続中。

コンクリを割って、地面掘っての作業です。

下水道工事、コンクリカット

外のコンクリを一気にカッターで切っています。

設備屋さんって、いろんな工具を持っているのネ

そりゃ費用かかる下水道工事

やっぱり費用だけじゃあ、見えてこないものです。

こういう工程を見たり体感してみないと、「高っ!」とだけしか思えないのが人間

もちろん工程を知ったからといって安いとも思わないけれども、

相場の理由というのを知るというは大事なこと。

下水道工事に関わらず、

日本のモノづくりはアンダーバリューにしか捉えられていない現状が多方にあります。

僕のいるテキスタイル業界なんかその最たるもの

値切り文化が悪いとは言わないけど、

どの場面でも、背景など何も考えずにただ機械的に値切る、みたいな

アホ人間にはなりたくないなと、改めて思ったのでした。

最後、給湯器もつけてもらって、完了!

給湯器設置

冬対策、しっかり断熱材巻き巻き

給湯器の断熱材巻き

丁寧な仕事ぶり、ありがとうございます。

職人の凄みは、ここに尽きる。

以上、SHOCKMAN